フライパン 洗わない

フライパンは洗わない方がいいの?

フライパンは毎日使うものですし、料理ごとに洗うのが当たり前と考えている人もいますが、中には「フライパンは洗わない方が長持ちする」というようなことを言っている方もいますよね。

 

「フライパンにはコーティングがされていて、洗ってしまうとそのコーティングがはがれてしまうから洗わない方がいい」ということも言われているようですが、実際のところはどうなのでしょうか。

 

これに関しては「フライパンの素材によっては洗わなくても大丈夫」というのが一つの答えになります。確かに、昔の加工がされていなかったフライパンや鉄製のフライパンであれば油をなじませるために洗わないという選択肢もあったのですが、一般家庭で使うようなテフロン加工などがされたフライパンを使っているのなら洗った方がいいですよ。

 

料理をするときに油を使うことになりますが、その油は食材がくっつかないように必要とされるもので、加工がされていて油をひかなくても食材がくっつきにくいようなフライパンであれば油をなじませる必要がないので洗った方がいいでしょう。

 

もし洗った方がいいのか、洗わない方がいいのかに迷ったときは、フレーバーストーンのように「加工されているフライパンなら洗う」というように覚えておくといいかもしれません。

洗剤は使って大丈夫?

フレーバーストーンのように加工されているフライパンは洗った方がいいということですが、洗うときにもう一つ気になることがありますよね。それは洗剤を使って洗った方がいいのかということ。これに関しても洗剤を使って洗ったほうが汚れがちゃんと落とせるので使った方がいいということが言えます。

 

フライパンを洗うのとき、洗剤を使うかどうかよりももっと重要なことがことがあります。

 

それは「温められたフライパンに冷たい水をかけない」ということ。フライパン調理をしたあと、すぐに水をかけてジューというようなことをしてしまったりしますが、これはよくありません。

 

フライパンは温められることで膨張していますが、そこから水をかけて急激に冷ましてしまうと一気に収縮してしまい、その時に加工がはがれてしまう可能性があります。そうするとフライパンの性能が下がってしまうので、調理した後すぐに水をかけるようなことは避けましょう。

 

ではどうしたらいいのかということですが、おすすめの方法はぬるま湯をかけて洗うことをおすすめします。ぬるま湯であれば急激に温度が下がるということがなくなるので、加工がはがれてしまうことも避けられます。そうすればフライパンも長持ちしますから、洗うときは洗剤を使っても問題はありませませんが、ぬるま湯で洗うようにすることを意識してみてください。

関連ページ

取っ手の取れるフライパンのメリット・デメリットって何?
取っ手の取れるフライパンはおすすめです。どんなメリット・デメリットがあるのかを簡単にまとめてみましたので参考にしてください。取っ手の取れるフライパンがなぜ人気なのかがわかりますよ。フレーバーストーンダイヤモンドエディションは取っ手が取れるタイプのフライパンで一番おすすめです。
フライパンでグラタンを作るたった一つのポイント!
フライパンでグラタンを作る場合、焦げ目などがうまくつきません。フライパンだけでグラタンを作るのは上手くいきませんが、フライパンを替えるだけで上手に作ることができるようになりますよ。
焦げたフライパンを復活させる一番簡単な方法はコレ!
焦げたフライパンを何とか復活させたい!いろんなやり方がありますが、その中でも最も簡単な方法を紹介しますので、参考にしてください。寿命が来る前に最後の役割を与えてあげましょう。