焦げたフライパン 復活

焦げたフライパンを復活させる方法とは?

焦げた フライパン

 

フライパンは長く使っているとどうしても焦げてきてしまいます。

 

焦げたフライパンを使っていると焼きムラができてしまって、均一に火を通すことができなくなりますし、食材も焦げがついてしまうのでそのまま放っておくのは良くないですよね。

 

そこで、焦げたフライパンを復活させる簡単な方法を紹介しておきます。

 

焦げたフライパンを復活させる一番簡単な方法はお湯を沸騰させる方法

 

フライパンにお湯を入れて沸騰させるだけですべてではありませんが、焦げた浮き上がってきますし、水1カップに対して重曹大さじ1の割合で沸騰させるのもいいですよ。

 

重曹を入れる場合はアルミのフライパンだと黒ずんでしまうこともあるので注意は必要ですが、最も簡単な方法だと水を沸騰させるのが楽ですね。

 

沸騰させたあと、食器用洗剤を使ってフライパンをこすると焦げ付きも落とせるようになりますから、試してみてください。

 

ただ、焦げたフライパンも時間が経つと落とすことは難しくなります。

 

焦げてしまったあとすぐだったり、食事を済ませてお皿洗いをするタイミングでこの方法をすると割と簡単に焦げ付きが落ちますが、時間が経つと効果が薄れていくということは覚えておきましょう。

 

何事も早めの行動が大事なのですね。

どうしても焦げ付きが落ちない…

フライパンが焦げたときにその焦げ付きを解消する方法はここで紹介した沸騰した水を使って落とす方法以外にもありますが、どの方法を使っても焦げ付きを完璧にキレイにすることはできません。

 

寿命が来ていたり、焦げ付きがひどい場合にはどうしても焦げがとれないこともあるというのは覚えておきましょう。

 

もしあらゆる方法を試してみても焦げ付きが取れないのなら買い替えてしまうのも一つの手段ですよ。

 

フライパンの焦げが原因で、料理がマズくなったり、イライラしているのならそれほどもったいないことはありませんよ。

 

フライパンが快適に使えるだけで料理の質は変わりますし、気持ちも変わると美味しい料理を作ることもできるのですね。

 

もちろん、料理が美味しければ家族も笑顔になりますし、健康的なカラダづくりをすることができるので風邪をひかないなどいろんな人の日常生活を豊かにすることができます。

 

どうしても焦げたフライパンをどうすることもできないのなら買い替えを検討してみてください。

 

このサイトで紹介しているフレーバーストーンダイヤモンドエディションは焦げ付きにくいフライパンとして人気ですし、次使うときは焦げ付かないように意識して料理や洗い物をするようになりますから、いま抱えている悩みを解消することができますよ。

関連ページ

取っ手の取れるフライパンのメリット・デメリットって何?
取っ手の取れるフライパンはおすすめです。どんなメリット・デメリットがあるのかを簡単にまとめてみましたので参考にしてください。取っ手の取れるフライパンがなぜ人気なのかがわかりますよ。フレーバーストーンダイヤモンドエディションは取っ手が取れるタイプのフライパンで一番おすすめです。
フライパンでグラタンを作るたった一つのポイント!
フライパンでグラタンを作る場合、焦げ目などがうまくつきません。フライパンだけでグラタンを作るのは上手くいきませんが、フライパンを替えるだけで上手に作ることができるようになりますよ。
フライパンは洗わない方がいいの?洗剤は使っても大丈夫?
「フライパンは洗わない方がいいって聞いたけど本当?」そんな疑問を解決します。またフライパンは洗わない方がいいだけでなく洗剤も使わない方がいいのかなど気になる点を確認しておきましょう。