フライパン 残った油

フライパンに残った油の処理方法

お肉やお魚など食材自体に多くの脂が含まれているものをフライパンで調理する場合、焼き上げた後のフライパンに油が残ってしまうことがありますよね。

 

残った油をそのまま流しに捨ててしまってもいいのかと迷うことも料理をし始めた頃やふとした瞬間に思うかもしれません。

 

揚げ物調理をしたときに残った油は捨てるのは何となくマズいような気がしますが、フライパンに残った油程度ならそのまま流してもいいと思っている人もいたりしますが、それはやめましょう。

 

少量でも油を流しにそのまま捨てるのは環境に良くないのはもちろんですし、シンクやj配管も油によってべたついたりニオイを発生させることがあるので、フライパンに残った程度の油でもきちんと処理する必要があります。

 

一番手軽な方法はキッチンペーパーに吸わせてからゴミ箱に入れて処理するようにしましょう。もし、キッチンペーパーでふき取るのには多いくらいの油の量であるなら凝固剤を使って油を固めてから処理するようにするといいですよ。

 

フライパンに残る油の量は作るレシピや実際に使用した油の量になどによってフライパンに残る油の量は違ってきますから、その量に応じて油の処理方法を変えていくのがいいですね。

フライパンに油が残るのは買い替えの合図!

フライパンに油が残ったときの処理方法について書きましたが、こういったことを調べている方は以前はこんなに油がフライパンに残ることがなかったのではないでしょうか。

 

「最近料理を作ったあとの油の量が増えてきたんだよねー」というくらいの感覚が芽生えてきていると思います。実はフライパンに残った油の量が気になっているのはフライパンを買い替える合図にもなっているのですよ。

 

フライパンに残る油の量が増えているというのは無意識のうちに使用している油の量が増えていることが主な要因になります。ではどうして油を使う量が増えてきているのか、それはフライパンのコーティングがはがれてきてだんだんと食材がくっついたり、焦げ付きやすくなってきているからに他なりません。

 

食材がフライパンにくっつくからそれを避けるために油を引くのですから、量が増えているということはフライパンの寿命が近づいている証拠なのですね。

 

そのままの状態でもすぐに使えなくなるということはありませんが、いずれはもっと油を使う量が増えてきますし、そうするとだんだん健康にも悪影響が出てくるのでできれば早いうちに買い替えることをおすすめします。

 

フレーバーストーンダイヤモンドエディションのように高品質なフライパンを使えば、油を使わなくても料理が作れたりしますし、余計なストレスがなくなるので気分も良くなりますよ。

 

フライパンに残った油が気になっているのならフライパンの買い替えを検討してみてくださいね。

関連ページ

取っ手の取れるフライパンのメリット・デメリットって何?
取っ手の取れるフライパンはおすすめです。どんなメリット・デメリットがあるのかを簡単にまとめてみましたので参考にしてください。取っ手の取れるフライパンがなぜ人気なのかがわかりますよ。フレーバーストーンダイヤモンドエディションは取っ手が取れるタイプのフライパンで一番おすすめです。
フライパンでグラタンを作るたった一つのポイント!
フライパンでグラタンを作る場合、焦げ目などがうまくつきません。フライパンだけでグラタンを作るのは上手くいきませんが、フライパンを替えるだけで上手に作ることができるようになりますよ。
焦げたフライパンを復活させる一番簡単な方法はコレ!
焦げたフライパンを何とか復活させたい!いろんなやり方がありますが、その中でも最も簡単な方法を紹介しますので、参考にしてください。寿命が来る前に最後の役割を与えてあげましょう。
フライパンは洗わない方がいいの?洗剤は使っても大丈夫?
「フライパンは洗わない方がいいって聞いたけど本当?」そんな疑問を解決します。またフライパンは洗わない方がいいだけでなく洗剤も使わない方がいいのかなど気になる点を確認しておきましょう。