安いフライパン 高いフライパン

安いフライパンと高いフライパンならどっちを選ぶべき?

安いフライパンと高いフライパンがあります。「どうせすぐにダメになるから安いものでいい」という考えもあれば「いいフライパンはやっぱり違う」と感じることもあるので、どちらがいいのかはすごく悩むところではありますよね。

 

安いフライパンと高いフライパンのどっちがいいかは考え方によって答えが違うので、どちらが正しいということはありません。

 

どちらにもメリットデメリットがあるのでどちらが自分に合っているかで選ぶのがいいでしょう。

 

例えば安いフライパンのメリットデメリットとしては以下のようなことが挙げられます。

 

安いフライパンのメリット・デメリット

メリット
・ダメになったとき気軽に買い替えられる
・新品の時は不満を感じることなく料理が作れる

 

デメリット
・すぐに食材がくっついたり焦げ付いたりする
・買い替えるたびにフライパンを捨てるのが面倒になる

 

以上のようなメリット・デメリットが挙げられます。反対に高いフライパンのメリット・デメリットについてもみていきましょう。

 

高いフライパンのメリット・デメリット

メリット
・コーティングの性能が良く耐久性が高い
・料理がうまくなった気分がする
・取っ手が収納できたりオーブンで使えたりして便利

 

デメリット
・初期費用(価格)が高い

 

以上のようなことが挙げられます。

 

年に数回買い替えることを前提にするなら安いフライパンを買うのもいいと思いますし、自炊や家族のために料理を作る機会が多いのなら高いフライパンを買った方がいいでしょう。

 

自分のライフスタイルに合わせてどちらを選べばいいかを判断してみるといいですね。

やっぱり高いフライパンは良い!

フライパンは安いのもでも十分使えますが、やっぱり高いフライパンは安いものと比較すると断然良いですね。何が違うのかというと「料理に対するストレスがなくなる」ということが挙げられます。

 

食材がくっついたり焦げ付いたりすることがなくなるので快適ですし、その状態が半年、1年以上続いてくれるのでフライパンに関してあれこれ考える必要がなくなったのですね。

 

もちろん、コーティングがしっかりしているので油をそんなに使わなくても焼き上げることができるからヘルシーな食事を摂ることができますね。余分な油を摂取してしまうのは健康的にもよくないですし、味に関してもギトギトした感じがしてしまいますから、油をあまり使わないで料理できるのは嬉しいポイントですよ。

 

フライパンは安く手も別に構わないものというイメージがあるので、高いフライパンを買うことに躊躇する気持ちもあったのですが、実際に買ってみると高いものにはそれなりの価値がちゃんとあるんだなということを感じられますね。

 

なので、安いフライパンでも生活に起きな支障が出ることはありませんが、一度くらいは高品質なフライパンを使ってみて欲しいですね。

 

フレーバーストーンダイヤモンドエディションのように取っ手がとれて便利なものとまでは言わなくてもフレーバーストーンシリーズのフライパンは一度は使ってみて欲しいと思いますよ。

関連ページ

取っ手の取れるフライパンのメリット・デメリットって何?
取っ手の取れるフライパンはおすすめです。どんなメリット・デメリットがあるのかを簡単にまとめてみましたので参考にしてください。取っ手の取れるフライパンがなぜ人気なのかがわかりますよ。フレーバーストーンダイヤモンドエディションは取っ手が取れるタイプのフライパンで一番おすすめです。
フライパンでグラタンを作るたった一つのポイント!
フライパンでグラタンを作る場合、焦げ目などがうまくつきません。フライパンだけでグラタンを作るのは上手くいきませんが、フライパンを替えるだけで上手に作ることができるようになりますよ。
焦げたフライパンを復活させる一番簡単な方法はコレ!
焦げたフライパンを何とか復活させたい!いろんなやり方がありますが、その中でも最も簡単な方法を紹介しますので、参考にしてください。寿命が来る前に最後の役割を与えてあげましょう。
フライパンは洗わない方がいいの?洗剤は使っても大丈夫?
「フライパンは洗わない方がいいって聞いたけど本当?」そんな疑問を解決します。またフライパンは洗わない方がいいだけでなく洗剤も使わない方がいいのかなど気になる点を確認しておきましょう。
フライパンに残った油の処理方法!そのまま捨てていいの?
「最近フライパンに残った油の量が増えてきたな…」なんてことありませんか?その油は正しく処理できていますか。そのまま捨てていませんか。フライパンに残った油の量は正しく処理する必要がありますし、とあることの合図でもあるのですよ。
フライパンはいくつ用意する?どんな組み合わせがベストなの?
フライパンはいくつ用意しておくのがいいバランスなのでしょうか。サイズや高さなどいろんなタイプのものがありますが、どんな組み合わせを選ぶのがベストなバランスなのか、フライパンの選び方を知っておきましょう。