フレーバーストーン 強火

フレーバーストーンは強火調理しない方がいい!

これまで使っていたフライパンからフレーバーストーンに買い替えるときに注意しなければならないことがあるのですが、それは火加減です。

 

買い替える前のフライパンは焦げ付いていたり、火をかけてもなかなか熱くならないなどの問題があったので、ついつい火加減を強くしてしまうようになってしまうのですね。

 

そういった方がフレーバーストーンに買い替えた時にやりがちなのが強火で一気に温めて調理しようということ。ですが、フレーバーストーンを使うのなら強火で調理するのはやらない方がいいですよ。

 

このように言えるのは2つの理由があって、1つは強火にすることで「コーティングがはがれやすくなってしまう」という理由。

 

フレーバーストーンの耐熱温度は約230℃となっていますが、強火で調理する場合、ガスコンロの種類にもよりますが大体200℃くらいになります。

 

強火でも耐えられるようにはなっているのですが、具材がたっぷりフライパン内に入っているのならまだしも、そんなに具材もなく空焚きに近い状態で強火にかけてしまうとコーティングがダメになってしまう可能性もあるので極力強火は避けた方がいいでしょう。

 

 

また、もう1つの理由としては「そもそも強火にかける必要がない」ということ。フレーバーストーンは熱伝導率が高いので強火にしなくても中火程度で十分調理できます。家庭で作る程度の料理なら中火以下の火加減でほとんどの料理が作れますから、強火にする必要はありませんよ。

 

フライパンの性能によって火加減の調節には違いがありますが、フレーバーストーンに関しては強火を使う必要はほぼないでしょう。

オーブンレンジで調理するときの注意点!

四角いフライパンで取っ手が外せるのフレーバーストーンダイヤモンドエディションではオーブン調理をすることができます。耐熱皿を必要としないので便利ですが、その一方であまり高すぎる温度で何度も調理するのはコーティングをダメにしてしまう可能性もあるので取り扱いには注意が必要ですよ。

 

オーブンレンジも種類によって違いがありますが、温度設定が高いものだと300℃くらいまで温めることができるタイプのものがありますが、これだけ高い温度にしてしまうとフレーバーストーンダイヤモンドエディションも不具合が出てしまう可能性はありますから、やめておいた方がいいでしょう。

 

オーブンレンジで調理する場合でも200℃くらいを目安に何人前を作るかや調理時間で焼き加減を調節するようにしましょう。

 

オーブンレンジはフライパン調理と比較して高い温度で調理するイメージがありますが、温度自体はガスコンロやIHコンロで調理するときと変わらない温度での調理もできます。コンロは下から温めるのに対してオーブンレンジは上から温めるという違いがあるので焼き目などを付けることができるなどのメリットがありますね。

 

どちらも同じくらいの温度で温めることが可能なので必要以上に設定温度を高める必要はありません。

 

むしろあまり高すぎると焦げてしまったりしますから、温度よりも時間を意識したほうがオーブンレンジを使うときには重要なポイントになりますよ。耐熱温度をしっかりと守ればフレーバーストーンダイヤモンドエディションも長持ちしますから、温度は意識して使っていきたいですね。

関連ページ

フレーバーストーン(ダイヤモンド)の口コミ!実際に使ってみてどう?
フレーバーストーンダイヤモンドエディションの口コミを見てみるとどんなところが評価されているのかがわかります。フレーバーストーンダイヤモンドエディションの口コミを確かめて自分が使っているところを想像してみてください。
フレーバーストーンダイヤモンドエディションの放送時間はいつ?
フレーバーストーンダイヤモンドエディションの放送時間について知りたい方のための情報をまとめました。フレーバーストーンダイヤモンドエディションに興味を持っていていつ放送されているか知りたい方は参考にしてください。
フレーバーストーンダイヤモンドエディションの手入れ方法!
フレーバーストーンダイヤモンドエディションの正しいお手入れ方法を知ってよりフライパンを長持ちさせてあげましょう。フレーバーストーンダイヤモンドエディションの寿命を延ばすにはお手入れはかかせませんよ。
フレーバーストーンスクエア型の口コミはどう?
フレーバーストーンダイヤモンドエディションはスクエア型のフライパンとなっています。普段見かけないスクエア型の口コミがどうなっているのかフレーバーストーンダイヤモンドエディションについてみていきましょう。
フレーバーストーンに油どうししてより長持ちさせよう!
フレーバーストーンを購入したとき最初にやってほしいのが油どおし。油どおしをすることでフレーバーストーンがより長持ちしますので、ちょっと面倒でもぜひやっておきましょう。
フレーバーストーンでも焦げることはあるの?
フレーバーストーンは焦げ付かないフライパンとして人気のシリーズとなっています。けれども本当にフレーバーストーンは焦げることがないのでしょうか。
フレーバーストーンの耐久性はなぜ高いのか?
フライパンを選ぶときに大事にしたいことは耐久性。何度も買い替えるのは面倒ですし、焦げ付きができて料理がおいしくなくなってしまうことはあります。そんな中でフレーバーストーンの耐久性が高いと言われている理由はどこにあるのでしょうか。
フレーバーストーンで本格麻婆豆腐を作るコツ!
フレーバーストーンダイヤモンドエディションで本格的な麻婆豆腐を作って見ませんか?フレーバーストーンを使えばヘルシーでも美味しい麻婆豆腐が作れますよ。
フレーバーストーンで揚げ物は作れる?危険性はないの?
フレーバーストーンを使って揚げ物を作ってみようと思っている方もいるかもしれません。ところで、フレーバーストーンで揚げ物を作っても危険性はないのでしょうか。安全に使うための注意点をしっかりと確認しておきましょう。
フレーバーストーンでオーブン調理ができるのはこのシリーズだけ!
フレーバーストーンを使えばフライパンのままオーブン調理ができるので、人気がさらに高まってきています!でもすべてのフレーバーストーンシリーズでオーブン調理ができるわけではないのですよ。この点は勘違いしないように注意しましょう!