フレーバーストーン 焦げる

フレーバーストーンでも焦げることはあるの?

フレーバーストーン 焦げる

フレーバーストーンの特徴は焦げ付かないというところにありますが、本当に焦げ付かないのでしょうか。

 

これに関しては「使い続ければいつか焦げ付くようになる」ということは言えるでしょう。

 

あくまでも焦げ付きにくいというだけで、使っていれば焦げ付きが出てしまうことはあります。

 

ただ、同じような使い方をしていたとするのなら他のフライパンよりもフレーバーストーンの方が焦げ付きにくいとは言えますね。

 

やはりコーティングがしっかりしているのと、耐摩耗性も抜群なのが大きく関係しています。

 

焦げ付きにくければ長期間使えるだけでなく、焼きムラもなくなるので、料理を美味しく作ることもできるのですね。

 

焦げ付きにくいというのは物持ちの良さだけでなく、日ごろの食事にも大きな影響を与えると言えるでしょう。

 

ですが、フレーバーストーンでも長く使っていれば焦げ付くようにはなりますし、食材が焦げてしまうことも言えるので、しっかりとお手入れをすることが大事になりますよ。

 

焦げるのを防ぐ工夫をすることで長く快適に使うことができますから、そのポイントをしっかりと抑えておきましょう。

焦げ付きにくくする工夫をしよう!

どんなに焦げ付きにくいフライパンのフレーバーストーンでも粗雑に使ってしまえば、早く劣化してしまうので注意する必要があります。
そこで、フレーバーストーンを長く愛用するために意識しておきたいポイントをまとめておきますので参考にしてください。

 

初めて使う前には油通しをしよう

 

フライパンを初めて使う前に油通しをすることで、よりしっかりとコーティングされるのでフライパンが長持ちします。

 

これは一般的なフライパンだけでなく、フレーバーストーンでも共通のことですからしっかりと行っておきましょう。

 

油どおしについてのやり方は別ページにまとめてありますのでそちらをご覧ください。

 

フレーバーストーンに油どおししてより長持ちさせよう!

 

洗うときはぬるま湯を使おう

 

フライパンを洗うときに水で他のお皿と一緒に洗うことがあるかもしれませんが、その時は水よりもお湯の方をおすすめします。

 

使い終わったフライパンは熱されているので当然熱くなっています。

 

この状態のときにいきなり冷たい水をかけてしまうと膨張していたものが一気に収縮してしまい、コーティングがはがれやすくなってしまうのですね。

 

それを避けるためにはお湯を使って温度差によるコーティングのはがれを防ぐことが大切になりますので、冷たい水よりはぬるま湯で洗うようにしましょう。

 

細かいことを言えばもっと方法はありますが、あまりやることが増えると面倒なので、普段の洗い物のときはぬるま湯を使うということだけでも実施してみてくださいね。