フレーバーストーン 麻婆豆腐

フレーバーストーンで本格麻婆豆腐を作ってみよう!

フレーバーストーンを使ったレシピ動画があります。

 

今回はその中でも気軽に作れる本格麻婆豆腐の作り方についてみていきましょう。

 

 

麻婆豆腐というと難しそうなイメージがある料理ですが、実際に作ってみると意外と簡単に作れるのですよ。

 

今まで麻婆豆腐を作ったことがなかった方も、実際にフレーバーストーンを使って作る動画を観て「こんなに簡単に作れる料理なんだ!」と思ったかもしれません。

 

作り方の手順と簡単なポイントを紹介しておきますので、確認しておきましょう。

 

フレーバーストーンで作る麻婆豆腐の手順

 

工程1

豆板醤(トウバンジャン)、甜面醤(テンメンジャン)、オイスターソースを混ぜ合わせ、そこに鶏がらスープを加えます。

 

工程2

ごま油、ニンニク、ショウガ、花椒(ホアジャオ)を炒め、そこに豚肉と先ほど作った調味料、ねぎを加えます。

 

工程3

しばらく(2〜3分)煮込んだら水溶き片栗粉で仕上げます。

 

 

たったの3工程で作れるのが麻婆豆腐ですし、調理時間も10〜15分もあれば初心者でも簡単に作ることができますよ。

 

必要な具材も豚挽き肉と豆腐とネギくらいで、あとは調味料を用意するだけですから、材料費もほとんどかかりません。

 

1人前で100〜200円で作ることもできますから、麻婆豆腐は家計にも優しいレシピと言えるのではないでしょうか。

 

 

作り方のポイントとしては「辛さの調節をうまくできるようになること」が挙げられますね。

 

 

豆板醤が多いと辛めになりますし、花椒を入れすぎるとピリッとした感覚が口の中に残ります。

 

この辺りは好みになりますから、あまり辛いのが得意ではない方は豆板醤を入れる量を少なくして、少し水を加えて味を調節してみるといいかもしれません。

 

 

ちなみに、花椒という調味料はあまり見かけないので知らないという方もいると思います。

 

花椒は簡単に言えば山椒の中華版みたいなもので、山椒よりも辛みが強いとされていますよ。

 

代用するのなら山椒で十分ですし、刺激的な味が苦手な方であれば入れる必要もありません。

 

 

調味料をどのくらい入れるのかは各家庭によって好みの味が違ってくるのでレシピ本に書いてあるものを忠実に再現する必要はないでしょう。

 

自分の好きな味に仕上げるのが料理の楽しいところですから、味付けでオリジナリティを出してみてくださいね。

 

 

あと、フレーバーストーンの良さに油いらずという特長がありますが、ヘルシー志向の方はごま油を使用しないのもアリですよ。

 

ごま油を入れた方が香りは引き立つので、好みによって入れるかどうかを決めてみてくださいね。

 

 

>>フレーバーストーンシリーズ一覧はコチラでチェック!