取っ手の取れるフライパン メリット

取っ手の取れるフライパンのメリット・デメリット

取っ手の取れるフライパンは人気が高く、フレーバーストーンダイヤモンドエディションもこのタイプのフライパンとなっています。

 

昔のフライパンは取っ手がついているのが当たり前となっていましたし、そちらのタイプを使ってきたという方も多いと思いますが、取っ手の取れるフライパンにはどんなメリットがあり、またデメリットがあるのでしょうか。

 

簡単にまとめてみましたので、確認してみましょう。

 

取っ手の取れるフライパンのメリット
・フライパンを洗うときに楽
・収納するときにスペースを取らない
・食卓に出すときに邪魔にならない

 

取っ手の取れるフライパンのデメリット
・慣れるまで着脱がうまくできない

 

 

以上が口コミなどを参考によく言われているメリット・デメリットになりますが、はっきり言えばデメリットよりメリットの方が大きいです。

 

確かに慣れていないと取っ手をつけたり外したりするのは上手くいかないですが、使っていけばすんなり着脱できるようになりますので、問題ありません。

 

また、中には「調理中に外れそう…」ということを心配される方もいますが、しっかりと装着できれば途中で外れるということはないので、安心して使うことができますよ。

 

 

 

取っ手の取れるフライパンの主なメリットは3つありますが、洗うときに楽にできるというのは多くの方が評価していました。

 

特にキッチンのシンクが狭い家庭では取っ手があるためにシンク内に置けないということがありますが、取っ手が外せることによってシンク内にフライパンが置けて洗い物が楽になったという嬉しい声は多いですね。

 

取っ手の取れるフライパン

 

 

そして、合わせて言われていたのが収納もすっきりしたということ。

 

シンクが狭いということはキッチンも狭い場合が多いですが、取っ手を外せるということで収納もすっきりし、スペースも有効活用できるということが言われています。

 

取っ手が外せるタイプのフライパンはキッチンが狭い方にはぜひ活用してほしいフライパンと言えるでしょう。

 

 

もちろん、キッチンやシンクが広くても使えますし、そういった家庭でも共通して言えることとして、食卓にそのまま出せるというメリットもあります。

 

フライパンのまま食卓に料理を並べられるので、お皿に移し替えるという面倒な作業は必要ありませんし、余計な洗い物が増えることもありません。

 

取っ手が外せるので食卓に並べても邪魔になりませんし、熱々の料理を食べることができますよ。

 

取っ手が外せるというちょっとしたことですが、デメリットよりもメリットの方が大きいですし、実際に使ってみるとその便利さを実感すると思います。

 

このサイトで紹介しているフレーバーストーンダイヤモンドエディションも取っ手の外せるタイプとなっていますし、そもそものフライパンの性能が高いのでおすすめです。

 

初めて取っ手の取れるフライパンを使う方にもおすすめですよ。

 

 

>>フレーバーストーンダイヤモンドエディションの詳細はコチラ