フレーバーストーン 耐久性

フレーバーストーンの耐久性はどうして高いのか?

フレーバーストーン 耐久性

 

フライパンを買い替えるときにいつも思うのが「耐久性の高いものが欲しい!」ということではないでしょうか。

 

安いものだと100均でも販売しているので、それよりは少し高いスーパーで手に入るような1,000〜3,000円くらいのフライパンを購入している方もいると思いますが、半年もしないうちに焦げ付きがひどくなって結局また買い替えてしまうという経験は一度や二度ではないと思います。

 

 

これ以上同じようなことを繰り返さないためにも耐久性の高いフライパンを一度は使ってみることをおすすめしますよ。

 

高価なフライパンはそれだけの価値を提供してくれるのですね。

 

耐久性の高いフライパンの中でも評判の高いものとしてはフレーバーストーンシリーズが挙げられるでしょう。

 

ところで、フレーバーストーンはどうして耐久性の高いフライパンとなっているのでしょうか。

 

これはコーティングを何層にも重ねた多層構造に、ダイヤモンド粒子を含んだコーティングをしているから。

 

また、耐摩耗テストは60万回をクリアしているので耐久性の高さもちゃんと実証されているので、安心して使うことができますよ。

 

しっかりと実験してその耐久性の高さが証明されているのはフライパンを選ぶ大切な基準になりますので、意識してみてくださいね。

耐久性の高さによるデメリットはあるの?

耐久性が高いことはフライパンを選ぶ上でとても重要なポイントになりますが、耐久性が高いフライパンであれば食材が焦げ付いてしまう心配もありませんし、美味しい料理を作ることもできるようになりますよ。

 

もちろん基本は自分の腕次第ですが。笑

 

フライパンの耐久性が高いことはメリットの方が大きいのですが、まったくデメリットがないということではありません。

 

耐久性が高いことのデメリットとしては「フライパンが重たい」ということが挙げられます。

 

耐久性が高いのはコーティングを何層にも重ねているからなのですが、コーティングを重ねるとそれだけ重さも出てきます。

 

なので、耐久性が高いことはイコール重たいということが言えるのですね。

 

ただ、フライパンが重たいのは正直そんなに大きなデメリットではないのが実際に使ってみるとわかります。

 

フライパンを持ち上げるのはせいぜい食器に食材を移すときくらいで、あとはコンロの上に置いておくくらいです。

 

家庭で作る料理程度であれば、中華鍋のように振り回すことはほとんどありませんからね。

 

なのでフライパンの重さは特に気にすることはありませんよ。

 

それよりも耐久性の高いフライパンを選んだほうが美味しい料理を作ることができますから、重要視してみましょう。